Reports

監督

7月26日(金)鈴鹿4耐 フリー走行

【予選日】 曇ってますが、例年通り蒸し暑い鈴鹿サーキット。 本日は公式予選日。
10:15~フリー走行のあと、13:15~ 井上拓海選手、17:30~ 茨木繁選手がそれぞれアタックします! 出陣を前にチーム全体の朝礼を実施しました。

写真: 【予選日】 曇ってますが、例年通り蒸し暑い鈴鹿サーキット。 本日は公式予選日。 13:15~ 拓海君。 17:30~ GAKIさんがそれぞれアタックします! 出陣を前にチーム全体の朝礼を実施しました。

予選前のフリー走行を40分後に控え、メカニックチームはミーティング中。
すでに本気モードです。
写真: 予選前のフリー走行を40分後に控え、メカニックチームはミーティング中。
すでに本気モードです。

フリー走行が始まりました。序盤は2'21.497で4番手につけています。
写真: フリー走行が始まりました。現在は4番手タイム。

ライダー交代を待つ井上拓海選手。
写真: ライダー交代を待つ井上拓海選手。(現在は走行中)

ライダーが井上拓海選手に替わり、2'20.905で3番手に浮上!
写真: 3番手に浮上!

写真: フリー走行は2,20.905で4番手タイムでした。トップタイムはASTRA  HONDAの2,19.872。

フリー走行を終えた茨木繁選手のコメントです。
茨木『決勝に向けた安定した足回りを探っていましたが、納得のいくセッティングにたどり着きました。エンジンに関しても向上が見られ、上り調子であることは間違いないですね。』

午後の予選に向けて意気込みは?
茨木『ここしばらく耐久タイヤでしか走行してないので、一発出しの走りにすぐ切り替えられるかが不安です〜。なんせおっさんなんで、一回ついた耐久走りのクセを30分の予選セッション中にスプリントモードに戻せるかどうか...(^^;;』
監督『そこは戻さんかい!』
写真: 午前中のフリー走行を終えた茨木繁選手のコメントです。

茨木『決勝に向けた安定した足回りを探っていましたが、納得のいくセッティングにたどり着きました。
エンジンに関しても向上が見られ、上り調子であることは間違いないですね。』

午後の予選に向けて意気込みは?

茨木『ここしばらく耐久タイヤでしか走行してないので、一発出しの走りにすぐ切り替えられるかが不安です〜。
なんせおっさんなんで、一回ついた耐久走りのクセを30分の予選セッション中にスプリントモードに戻せるかどうか...(^^;;』

監督『そこは戻さんかい!』

井上拓海選手のコメントです。
『調子は上向きです。昨日に比べるとワンステップ前進した感じです。』

フリー走行のタイムは2分20秒905で、4番手ですね?
『午後の予選では、自分の出したタイムや順位を気にせず、攻めて行きたいです。ライバルは16秒台でくるかもしれない、ぐらいの気持ちで攻め抜きたいですね!』

鈴鹿の暑さもなんのその!
チームのムードメーカーでもある拓海選手は、元気いっぱいに予選での躍進を誓ってくれました。
写真: 午前中のフリー走行を終えた井上拓海選手のコメントです。

『調子は上向きです。
昨日に比べるとワンステップ前進した感じです。』

フリー走行のタイムは2分20秒905で、4番手ですね?

『午後の予選では、自分の出したタイムや順位を気にせず、攻めて行きたいです。
ライバルは16秒台でくるかもしれない、ぐらいの気持ちで攻め抜きたいですね!』

鈴鹿の暑さもなんのその!
チームのムードメーカーでもある拓海選手は、元気いっぱいに予選での躍進を誓ってくれました。

 

6月7日(金)特別スポーツ走行

いよいよ井上拓海も参加してのレースです!
この日は午前、午後の特別スポーツ走行です。
photo-1.jpg

Team青春MotoPodとして2台体制でレースするのは今回のみ!
否が応にも緊張感が高まります。

ダンロップさんと詳細を詰める茨木。
さすが元ワークスライダーの意見は参考になるようです。photo-2.jpg

photo-3.jpgphoto-4.jpg

特別スポーツ走行2回を終了し、茨木はベストタイム2'19.6と
タイム的には午前、午後とも変わりありませんでしたが
目標としていた19秒台に早々に入れ、その後もコンスタントに20秒台を連発。
アベレージが上がっていることを証明してみせました。

そして井上はたった2回のセッションで2'22.5→2'21.8まで詰めてきました!
20秒台が見えてきた!
このレースウィーク中にも茨木を抜くか?!

photo-5.jpg

2人のライディングを比較してみました。
これほどまでにライディングスタイルの違う2人。
今回は2台のマシンを使用していますが本番では1台を使用。
どのようなセッティングにするのか、どちらがどのように合わせるのか、
そこにも注目です。photo-6.jpg

5月12日(日)鈴鹿サンデーロードレース(決勝)

鈴鹿サーキット西コースのパドックは、多くのエントラントで埋め尽くされていました。各クラスの決勝が行われましたが、転倒による赤旗中断が相次ぎ、スタート進行が大きく変わっていきます。
race_before.jpg

グリッドは7番グリッド。余裕のVサインにまぶしい光が差し込んでいます。
grid_7.jpg

決勝レースが始まりました!レース走行の茨木繁。
race01.jpg

序盤、前走車の転倒にあわや巻き込まれそうになるアクシデントが!(写真:脇田 博之さん)
race00.jpg

いい感じのフォームです。
race03.jpg

鈴鹿サンデーロードレース第2戦は、7番グリッドから7番手争いのグループの中でのバトルとなり、終盤は8番手争いグループを制してそのまま8位フィニッシュでした。写真は、決勝フィニッシュ後応援団に手を振る茨木繁。ご声援ありがとうございました。
(撮影者:衣川 茂幸さん)
race_after.jpg

【決勝結果】
茨木繁の16年ぶりとなるレースは、前走車の転倒にあわや巻き込まれそうになるアクシデントを間一髪で交わし、無事8位で完走。
race_result_n.jpg

【決勝後のライダーコメント】
茨木繁「皆さまのおかげで無事に8位完走出来ました。
2013年1月から走り始めてたった7回の走行でここまでこれたのもみんなの努力のお陰です!メカニックチーム・ヘルパーチーム・広報・運営チーム本当にありがとうございました!!まだまだの走りですが、次に向けてのDATA収集やレースでしか解らないことが見えて収穫の多いレースになりました。ますます楽しんでいきましょうー!そして応援して頂いている方々、現地応援、いいね!コメントありがとございます!!ただの44歳の男が16年間不規則極まりない仕事でバイクもほとんど乗らない生活をしてき、たった去年9月よりチームの立ち上げと身体を準備しここまできました。目標である4時間耐久レースには、帳尻あわせて行きますが今回はこんなところでお許しください(ペコッ)残すこと後、2ヶ月と3週間仕事と両立?しながら、がんばって参りますので引き続き応援どうぞよろしくお願いします!」

【予選後の監督コメント】垂見朋之「38台中、予選7番手からの決勝8位。4耐決勝が70台前後と考えれば、予選14番手ぐらいでしょうか。次戦のサンデーはフルコースなので4耐参加組ももっと増えるはずなので、目標がより具体的になるはずです!拓海くんのポテンシャルも確認できますし」

恒例の集合写真。皆さまおつかれさまでした。
staff_photo_0512.jpg

< 前の記事1  2  3  4

このページの先頭へ▲

MotoPod 4耐参戦プロジェクト TOP