Reports

鈴鹿4時間耐久レース

Race Report(その4最終回)

レースレポートその4最終回です。

最後の交代が近づくにつれ、昔だったら表彰台コメントどうしようかなー?(笑)なんて走っていた時もあったんですが、今回は順位よりは、もうここのコースを走るのはないのかなーなんて、しみじみ考えながらコース堪能しながら走ってました。
それこそ15ラップ目は、最後のS字だなー、最後の200Rシケインやっぱりうまく走られへんかったなー、気合い一発130Rも最後だなーなんて、今までにない感情でうまく表現出来ないのですが、さみしかったんですかね。
感情が変わると見え方が変わるんですね、今まであまり目に入っていなかったS字の芝の緑や、スプーンコーナーの奥にある木々が見え、ツーリングしているかのように気持ちよかったです。
写真: ピットクルーの仕事もこれが最後。堂々の帰還です。
最後交代の時に、「最後たのんだよ!落ち着いていけ!がんばれ!」って気持ち込めてたっくんの背中ポンポンって叩いて、ピットボックスに戻りました。

ピットに戻ってくると、スタッフはもちろん8耐出場のBMWワークスチームの方々にも拍手で迎えられ、めちゃめちゃうれしかったし泣きそうだったんですが、まだ予断を許せない状況だったのと、照れ隠しもあって軽く手をあげて答えました。

そしてたっくんの3スティント目は、2位のチームとも1分以上離れていて、これら更に順位を上げるのは厳しい状況で、4位のチームとも1分以上あり確実に表彰台を狙う作戦になりました。
チームの指示もあって、後ろを見ながらペース落としての走行してくれてました。ほとんどを24秒台で走ってくれていたようなのですが、たまに気になってタイム表示モニター見たら2分27秒の表示!たっくんやりすぎー(笑)落とし過ぎー(笑)って思ったら次の周はきっちりと24秒に戻っていてちょっと焦りつつも安心する場面もありました。

残り5分、表彰台に上るのにツナギに着替えていた時です。トップ走行中のゼッケン11番耳野選手がガス欠か?スプーンコーナー入口付近でストップ!なんて事でしょうー、耳野選手は知り合いでチームMotoPod号のカラーリングをデザインしてくれた方だったので、非常に複雑な気分でした。
が、トップがストップしたという事で、3位から2位に自動的に順位があがりました。
C07R7867.jpg残り1周になったところで、プラットホームに出て帰ってくるたっくんをガッツポーズで迎えました。

「よっしゃーーー!やったーーー!!」
C07R7906.jpgそれからピットに戻ってみんなと握手や抱き合って喜んでました、ヘルパー陣や数名のスタッフは泣いていて少しもらい泣きしちゃいました(笑)
20130806_411649.jpgチーフメカニックの中嶋は、無事に終わった事で安堵していたのか?精神的に疲れ切ったのか?ほとんど動かずに立ち尽くしていたのを記憶しています。

その時は無事に完走出来た喜び一杯で個人的には2位という順位より無事にレースが終わり、スタッフと感動と喜びを共有出来た事がなによりうれしかったです。

20130806_411654.jpgみんなの努力のお陰で神様も味方になってくれたようで、すべてうまく行きました。
運も実力とは言いますが、怖いぐらい出来過ぎていました。

25年前4耐に初めて出場してからは現役時代、耐久レースでまともに完走した記憶がないぐらい耐久レースには運から見放されていました。

今までとは全く違う、走るだけではなくマネージメント含めたスタンスでのレース参加で、いかにスタッフみんなと目標に向かって努力する事が大切で大変で楽しい事だったと改めて理解しました。

耐久レース最高!
そして一緒に戦ってくれたスタッフも最高!

本当に皆様ありがとうございました!

今後ともMotoPod共々どうぞ宜しくお願いします。


*茨木の勝手なリポートですので文章中間違いなどが御座いましたら多めに見てやってください。

コメント

 

このページの先頭へ▲

MotoPod 4耐参戦プロジェクト TOP