Reports

鈴鹿4時間耐久レース

Race Report(その1)

GAKI4耐レポートその1でーす。

まずはスタート!
9時スタートとは言え、すでに30℃近く気温がありツナギとヘルメットを装着して日に当たるのは体力の消耗だなーって思ったら、コースアウト側のフェンスで日陰が有る事を発見!
1コーナーから狙っているカメラの方には悪いかなーなんて考えつつも、日が当たらないようにスタート15秒前まで座り込んでいました(笑)
スタンドで応援してくれてた皆さま急に見えなくたのは、こんな理由でしたのでお許しください!

そして10秒前までに、指定されているマークに右足を置いてスタンバイしたのですが、当たり前なんですが(笑)そうするとシグナルが背中側になって見にくいので、左足に置き直してスタンバイ。
C07R5439.JPGのサムネイル画像シグナルが消えバイクに駆け寄ります。
C07R5443.JPGのサムネイル画像乗るまでは順調だったのですが・・・
進行方向を見たままで飛び出したかったので、エンジンが掛かるのは音で判断してスタートするつもりでした。
C07R5462.JPGのサムネイル画像
がっ!しかし同時に70台ものバイクがエンジンが掛かると自分バイクなのか?隣のバイクなのか全くわからずに、結局クラッチを少しミートさせて前へに進む事を確認して、スタートを切りました。

おかげで、1コーナーには15位くらいで進入しグリッド5番だったのに10台ほどに抜かれて大慌て(汗)
C07R5473.JPGのサムネイル画像
そこから冷静に1周目で2~3台かわして、オープニングラップは12位で帰ってきました。

そこから、2周目に2台、3周目に2台抜いて8位まで上がり、

そこで、転倒車がコース上に残りセーフティーカーが入りTOPとの差がおかげで縮まりました。
その後、スロー走行している車両の列に突っ込んだと思われる事故がストレートであり5周に渡ってセーフティーカーの走行になりました。

それがラッキーでした!
ちょっと体力に不安をかかえていた44歳のおっさんは考えました「14周引く5周ってことは後、9周全開で走れば交代ーー!」よしがんばるぞ!っと(笑)

そこから、8周目に1台、9周目に1台、10周目に1台抜いてグリッドと同じ5位まで順位を上げました。

C07R5525.JPGのサムネイル画像多分、まわりのライダーはフルタンクだったり、タイヤを温存してたり、4時間先を考えて走っていたのだと思いますが、おっちゃんはスタート失敗して焦ってたので、一人でムキになって走ってました(笑)

そして11周目、優勝候補のゼッケン11番遠藤選手に、デグナー2つ目立ち上がり失敗を見逃してもらえず、あっさりと110R手前で抜かれてしまい6位

14周目に、わたくしのレースベストタイム19秒8を記録するも、前も同じか少し速いぐらいのペースでバックマーカーをかわしながらの走行続けて順位は変わらず17周の義務周回数をこなしてたっくんに交代しました。

つづく

コメント

  

このページの先頭へ▲

MotoPod 4耐参戦プロジェクト TOP