Reports

鈴鹿サンデーロードレース

6月9日(日)鈴鹿サンデーロードレース第3戦(決勝)

いよいよ決勝日です。
昨日の予選結果を受け、否が応にも期待が高まります。
しかも今回はご厚意により、キャンギャルさんについていただけることに!
これはええカッコしぃのライダー2人、頑張らざるを得ません(笑)。

0609-01_n.jpg予選7番手、3列目アウト側よりスタートの茨木繁。
0609-02_o.jpg復帰2度目のレースだけに随分とリラックスしています。
0609-03_o.jpgこちらは予選12番手、4列目イン側よりスタートの井上拓海。
初の鈴鹿でのレースだけに若干緊張気味。
...かと思いきや、実は隣のおねーさんのことがとても気になっていたとのこと(笑)。
0609-04_o.jpg

いよいよスタート!
茨木はまずまずのスタート。
0609-05_o.jpg

しかしながらその後すぐにクラッチトラブルに見舞われてしまい、「これ以上走るのは危ない(後続に迷惑を掛ける)」との判断で1周目終わりで無念のリタイア。
0609-06_o.jpg井上もスタートこそまずまずだったもののイン側スタートが災いしてしまい、行き場をなくして1コーナー~2コーナーで大きく順位を下げ、その後もコーナーごとにインを差され1周目終了時点で19位まで後退。
0609-07_o.jpg

しかしながらそこからが圧巻!
自己ベストを更新しまくり、周囲よりも1秒以上も速いタイムを刻んで鬼の追い上げ!
終わってみれば8位でフィニッシュ!
(その後、優勝者の30秒ペナルティが発表され、最終的な順位は7位)
8周目には予選よりも1秒以上も速い2'18.653の自己ベストを叩き出すという初の鈴鹿でのレースで見事な追い上げを見せてくれました。
0609-08_o.jpg

レース後、コースサイドで応援していたMotoPodファミリーを見つけて
手を振る井上。
0609-09_o.jpg

会心のレースを見せた井上に対し、万雷の拍手で迎えるクルーたち。
しかしながら本人は「1周目の失敗がなければ(もっと上に行けた)。悔しい」と反省しきり。
0609-10_o.jpg

本日来てくれたMotoPodファミリー全員と集合写真。
4耐本番に期待を抱かせる結果となって皆の笑顔も一層晴れやかでした。
0609-11_o (1).jpg

コメント

  

このページの先頭へ▲

MotoPod 4耐参戦プロジェクト TOP